やまぶきエネルギーパーク

「暮らしやすく、活力のある都市として、継続的に成長する環境未来都市」の実現に向けて、さいたま市が進めている低炭素で安心・安全なまちづくりの一環として、未利用市有地を活用した地域におけるエネルギーの創出を図るための事業。

やまぶきエネルギーパーク

清水さいたま市長(後列右から3番目)と、
受賞者の稲葉ひまわりさん(前列右)、
稲葉颯翔くん(前列左)

施設概要

  • 名称:やまぶきエネルギーパーク
    約900通の公募の中から決定
  • 受賞者:稲葉ひまわりさん(川通中学校1年)
  • 稲葉颯翔くん(城南小学校4年)
  • 場所:さいたま市岩槻区川通地区(川通野球場隣接地)
  • 総発電量:1,600kWパネル枚数(7,256枚)
    (約500世帯の年間消費電力量相当)(災害時電源システムに約100kW利用)
  • 土地所有者:さいたま市
  • 運営事業者:東和・八洲共同企業体
設備概要
電気自動車充電器 急速充電器1台、普通充電器2台
停電時対応型蓄電池設備 100kWh出力
発電量表示装置 展望台と施設入口付近に各1台設置
収納ベンチ 災害時に使用する備品を収納
夜間ライトアップ さいたま市10区の色で夜間ライトアップ
(やまぶき色は岩槻区のイメージカラー)
見学用展望台 発電設備中央付近に設置

その他

さいたま市の小中学校を対象に、環境学習施設として利用

お問い合わせ

太陽光発電のことなら、信頼と実績の東和アークス(株)にお任せください。
TEL:(048)650-0788
新エネルギー推進部(太陽光発電)  担当:松浦・山本

お問い合わせフォームはこちらから

PAGE TOP