日光報徳ソーラープラント

砂利採取跡地利用として平成25年7月より栃木県庁関係各所と協議を行い、約2年をかけて竣工しました。
第一工区と第二工区は2,340kw(300wパネル 15,600枚)と同容量で、第三工区は1,800kw(300wパネル 6,000枚)のシステム容量になります。日光地区は、年間平均気温が低い・晴天率が高い・積雪量が少ないと、発電に好条件であるため、今後の発電量に期待できます。

日光報徳ソーラープラント

第一工区

日光報徳ソーラープラント

第二工区

日光報徳ソーラープラント

第三工区

概要

名称 日光報徳ソーラープラント 第一工区、第二工区、第三工区
場所 栃木県日光市町谷字下関ノ沢2002-24外・21外・17外
総事業面積 222,390平方メートル(東京ドーム約4.8個分)
総発電容量 6,480kw(300wパネル21,600枚)
総年間発電予想量 6,857,606kw(一般家庭1,940軒分)
工期 平成26年6月~平成27年6月

お問い合わせ

太陽光発電のことなら、信頼と実績の東和アークス(株)にお任せください。
TEL:(048)650-0788
新エネルギー推進部(太陽光発電)  担当:松浦・山本

お問い合わせフォームはこちらから

PAGE TOP