フロートソーラー所沢

所沢市 藤本市長

東和アークス・三井住友ファイナンス&リース・八洲電業社・二上の4社JVにより進められていた「フロートソーラー所沢」の開所式が3月5日に行われました。当日は晴天に恵まれ、地元選出の国会議員・県議会議員・市議会議員の方々や環境省・埼玉県庁関係者、また地元自治会の役員の方々など、約60名にご参加いただきました。
主催者である所沢市 藤本市長のご挨拶のなかで「安心・安全を優先した本システムを採用して良かった」と今回の 水上太陽光発電システム についてお褒めの言葉を頂戴しました。
また、今回の「フロートソーラー所沢」は埼玉県が進める埼玉エコタウンプロジェクトの事業として、所沢市が申請をしたプロジェクトでもあり、埼玉県環境部の宍戸部長から「未活用の水面を有効利用出来るのはとても良いこと」とのご評価も頂戴しました。

点灯スイッチを押す藤本市長と所沢市マチエコ大使の上田マリノさん

中央は当社の伊田社長

関連記事

所沢市「フロート式太陽光発電設備設置運営事業」