東松山工場で30年以上続いている東松山市立新宿小学校の写生会が、新東松山工場で行われました。

当日は、3年生69名が担任の先生に引率され、真新しい東松山工場を訪れました。
橋詰工場長の工場内での注意事項について説明の後、安全を配慮した写生ポイントへ誘導され、写生会は始まりました。

児童を誘導する橋詰工場長 安全上の注意をする橋詰工場長

児童たちはミキサー車・生コンクリートプラント・骨材サイロなどをよく見ながら集中して描いており、プラントを写生していた児童が「あそこ(プラントの積込みホッパ)から何が出ているの」と周囲に尋ねると、ほかの児童が「コンクリートだよ」と答える様子もみられました。

当社の別工場で働いている職員のお子さんも写生会に来ており、長年続いている地域に根付いた活動となっています。

東松山工場で写生会をする児童たち

サイロを描いている児童